お知らせ - Infomation

第60回 関東一泉同窓会 総会・懇親会 盛会の御礼

第60回関東一泉同窓会 総会・懇親会は、去る2018年10月27日(土)に、東京新宿のハイアットリージェンシー東京にて開催されました。当日は天候も回復し、秋晴れの中、過去最高となる469名のご参加を賜り、盛会のうちに終了することができました。ご多用の中、会場まで足をお運び頂きましたご来賓の皆様、同窓の皆様には心より御礼申し上げます。

本年は「Thank you, KANTO-ISSEN 暦還りて、原点に帰ろう」をスローガンに掲げ、関東一泉同窓会60周年の節目の年に、これまで会の発展にご尽力いただいた諸先輩方に感謝しつつ、伝統ある一中・泉丘のアイデンティティを感じていただく場として、また我々39期も高校時代の原点に帰って30年ぶりの再会を楽しみながら幹事役を担おうという想いを込めて、企画・運営を進めてまいりました。至らぬところも多々あったと思いますが、皆様の温かい声や、幹事をご経験された諸先輩からのご指導に励まされ、無事、総会・懇親会の運営という大役を全うすることができました。本当にありがとうございました。また60周年を記念した縦糸企画として生トランペット、生ピアノの演奏の元、37期、38期の先輩方と一緒に、壇上でエール&校歌を熱演、熱唱できたことは、この上ない感激でした。ご協力賜りました先輩方に改めて心より御礼申し上げます。今回の総会・懇親会がご参加された皆様にとって旧交を温めながら、一中・泉丘のアイデンティティを感じていただける場となったようでしたら何よりです。

幹事年は大変でしたが、それ以上の感動がありました。我々39期も幹事の経験を通して大変良い経験をさせていただき、同期・同窓の絆がより一層強くなりました。後輩同窓生が来年以降もこの伝統を受け継いでいってくれることを心より期待しています。

最後になりますが、今回も多くの皆様、企業・団体様よりご協賛・ご寄付をお寄せ頂き、誠にありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。

金沢泉丘高校39期一同


ご協賛・ご寄付頂きました企業・団体様

一泉同窓会本部サイトの開催記事

写真はこちら→… (続きを読む)

関東一泉同窓会 第4回交流会(健康企画第2弾) 開催のご案内

関東一泉同窓会
会長 北川 秀二

I. はじめに

関東一泉同窓会の会員の皆様におかれましては、時下益々ご清祥の段、お慶び申し上げます。

さて今回の交流会は、健康企画第2弾で、現役の眼科医から目の健康の話をしてもらいます。講師は、「り・としや眼科クリニック」李俊哉院長(泉丘30期)です。白内障や緑内障といった誰でも罹る可能性のある病気から、目でわかる体の健康の話など、普段は聞けない目の健康に関する講演を予定していますので、どうか奮ってご参加ください。

また後半は、ちょうど12月ですので、大忘年会と称してマジシャン小梅さんによるマジックショーを見ながら、楽しく1年を振り返り、先輩と後輩の絆を深めたいと思います。今回は、会場の関係で先着50名とさせていただきますので、早めにお申し込みください。では宜しくお願いします。

 

II. 実施概要

  1. 内容:
    • 前半 講演会「目の健康について」 講演者 眼科医 李俊哉氏(泉丘30期)
    • 後半 忘年会(マジシャン小梅さんによる楽しいマジックショーあり)

  2. 日時:
    平成30年12月8日(土) 17:00〜20:30 (受付開始16:40〜)

  3. 会場:
    中央銀座通りLEN 〜サブホール〜
    中央区銀座2-7-18 銀座貿易ビル6階
    地下鉄有楽町線 銀座一丁目駅 9番出口(地下から直結) 徒歩1分
    [電話] 03-6427-5800
    ホームページ→ https://www.kasikiri-party.com/space/?id=1449478012-940841&area_sa=23

 

III. 申込方法等

(1) 会費:

  • 6,000円(飲み放題付きの着席パーティープラン)

 

(2) 申込方法:

ご出席いただける方は、関東一泉同窓会事務局のアドレスに以下を明記して11月20日(火)までにメールにてお知らせください。

  1. お名前
  2. 参加人数
  3. ご使用のメールアドレス
  4. (質問のある方は)質問の内容

関東一泉同窓会事務局 e-Mail: kanto.issen.bureau@gmail.com

ご不明の点がありましたら、上記メールにお問い合わせください。

第3回交流会開催報告(2018/5/12)

関東一泉同窓会の「縦糸企画」(先輩と後輩の絆を深める企画)の「関東一泉同窓会・第3回交流会」が、平成30年5月12日午後2時30分より、イオンコンパス 東京八重洲会議室で開催された。今回のテーマは「癌と認知症の最新情報〜予防と治療の現状」とし、現役の会員医師2名が講演した。

第一部は「癌の予防と最新の治療方法」について、静岡がんセンター  坂東 悦郎 医長(泉丘37期)が講演し、休憩を挟み、第二部は「認知症 〜なる前にすること、なった後にすること〜」について 吉野内科クリニック 吉野 正俊 院長(泉丘30期)が講演した。興味深いテーマに加え、お二人とも最新の状況をスライド資料(時には手術映像も)を交え、大変わかりやすく講演され、参加者は興味深いお話に引き込まれた。


<癌の予防と最新の治療方法>

坂東医長は静岡がんセンターの主任執刀医として患者と対峙する一方、自身の研鑽のため米国クリーブランドクリニックにて全米がん協会の高精度医療最高責任者Kattan博士に師事する等精力的に活動されている。講演の要点は以下の通りである。

  • 癌にかからないための一次予防が重要だが、もしかかったとしても早期発見・二次予防により治りやすくなる(治る事が可能)。
  • 手術の技術革新は日進月歩。開腹手術→腹腔鏡手術→ロボット手術(今年度から保険適用とのこと)に移行しつつある。
  • 目指すは高精度治療、高精度治療とは@癌を上手に治す、A患者家族を徹底支援する、B成長と進化を継続すること。


<認知症 〜なる前にすること、なった後にすること〜>

吉野院長は板橋区の認知症サポート医として200超の臨床事例を有する。講演の要点は以下の通りである。

  • 認知症は脳の器質的な疾患によって起こる。
  • 早期発見・早期対応により、可逆性の疾患の治療ができる。アルツハイマー病など治癒が望めない疾患であっても、症状(特に行動・心理症状)を緩和し、本人の苦痛や家族の介護負担を軽減することが期待できる。
  • 認知症の人が住み慣れた地域で安心して暮らすためには、本人と介護者を地域全体で支えていく必要がある。


お二人の素晴らしい講演に対して、約55名の参加者からは惜しみない拍手が送られた。なお、講演会後に会場を移し懇親会を開催した。お酒を酌み交わしながら、両先生へ質問したり、先輩と後輩の絆を更に深くし、さらに有意義な時間を過ごした。(中嶋記)

更新履歴・お知らせ(HPトップ)

第4回 交流会(2018/12/08開催)の開催案内を掲載しました。(2018/10/29)

第60回関東一泉同窓会開催のご案内を更新しました。(2018/08/01)

第3回 交流会(2018/05/12開催)の実施内容報告を掲載しました。(2018/05/29)

過去の更新履歴はこちらです。

… (続きを読む)