ホーム > 活動報告 > 2013年

泉丘15期が卒業50周年同窓会   ・平成25年8月16日

 泉丘15期の卒業50周年記念同窓会が8月16日、金沢駅前のホテル金沢で開かれた。昭和38年卒業の我々は524人の級友がいたが、既に50人が死去、約60人が消息不明となっている。同窓会は8年ぶりの開催で、65人が出席して旧交を温めた=写真=。
 開宴に先立ち32ホームの藪俊彦君が能舞の「高砂」を披露、続いて校歌を斉唱、中村進代表幹事が歓迎のあいさつをした。乾杯の音頭は一番遠い鳥取市から駆け付けた宮本勝治君が取って、にぎやかな酒宴が始まった。席は31ホームからのクラス順だったがいつしかテーブルを梯子して回り、1年次、2年次の仲間とも思い出を語り合い、予定の2時間がアッと言う間に過ぎた。最後は元応援団長の羽野和夫君のリードで音弘志君と私・草野輝久が旗を振って高らかに応援歌を歌い、さらに当日幹事の私・草野が次回同窓会を3年後に開くことを宣言、各人の健勝と母校のさらなる発展を祈念して一本締めで一次会を終えた。
 その後、ホテル16階のラズベリーで二次会を行い、約50人が参加して再度盛り上がった。呑み足らなくて三次会組みもいたようだ。
(草野輝久・記)